知識の身につけ方

衛生管理者は工場など従業員の人数に対して一定数の資格者の設置が義務付けられています。衛生管理者には全業種につくことの出来る1種と特定の業種につくことの出来る2種があります。毎年非常に多くの方が受験するメジャー資格の1つです。難易度はどちらも合格率50%程度なので決して難しくはなく、問題も過去問の焼きまわしが多いため過去問を中心にしっかり理解すれば合格可能です。勉強方法としては参考書や過去問題集を書店で購入して独学で勉強する方法と通信講座を利用する方法があります。過去問の焼きまわしが中心の試験なので独学でしっかり勉強すれば合格出来ますが、心配な方は通信講座を利用して確実に合格を目指すのも良いです。

試験対策としては各地で講座が行われているのでそれらを利用するのも有効です。市販の過去問題集でもそうですが勉強法は同じ問題集を繰り返すことが大切です。繰り返し解くことで理解することが大切です。一冊の問題集を繰り返すことが大事で、何冊もやる必要はありません。1冊に集中することが短期間で一回で合格する近道です。会社によっては衛生管理者試験に合格すると一時金がでるところもありますので、給料を増やすという目的でも受験する人がいます。また衛生管理者資格合格後の次のステップとして作業環境測定士や衛生工学衛生管理者といった他の資格に挑戦する人も多いです。また職場では職場の安全を守るといった重要な立場をになうことにもなります。