学ぶことのメリット

保育士は、資格を持っているといつでも働くことが出来る人気の資格です。子ども達と毎日過ごすことは自分にとっても充実した日々となり、生活に張り合いも出てくるでしょう。保育士をめざすには、保育士の養成学校に行く道と、自分で勉強して試験を受ける道があります。どちらでも取れる資格に違いはありませんが、自分で受ける保育士試験は全科目合格が必要であり、合格率もそれほど高くありません。一方、学校に通うことで必要な知識と実践能力を身に付けられるので、卒業と同時に資格が取得できるようになっています。学校は、4年制大学、短大、専門学校とありますが、学校によってゆっくり時間をかけて学び、他の資格も一緒に取得できたり、逆に保育に特化した授業を集中的に受けて最短で資格を取得したりと違いがあるので、希望に合わせて選ぶと良いでしょう。

このように、学校に行くことで確実に資格取得が目指せるわけですが、他にもメリットはたくさんあります。まずは、保育に詳しいベテランの講師に授業をしてもらえることです。保育の現場で経験を積んできた講師も多いので、実際に役立つ知識や実践を効率良く学ぶことができます。また実習やピアノなど、独学では勉強するのがなかなか難しいものも、先生に指導してもらえることで初心者でも力を最大限に伸ばすことができます。そして何よりも大事なことは、一緒に同じ道を目指す仲間がいることです。保育士になるには専門的な勉強はもちろん、実習にも行かなければいけませんし同時に就活もあります。一人では心細く不安なことも、仲間と励まし合うことで頑張ることが出来るのです。保育士を目指している人は、ぜひ保育士資格がとれる学校に通うことを検討してみましょう。